黒夢画像倉庫

いろんな事書いてます

スポンサーサイト

Posted by くろむ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャイニング・アーク」ターン制アクティブコマンド方式で行われるバトルシステムの要素や,フリードの特殊能力などが明らかに

Posted by くろむ on   0 comments   0 trackback

「シャイニング・アーク」最新情報

◆バトルシステム紹介
●行動順について
本作のバトルは、キャラクターの行動力順に自動でターンが回ってくる、「ターン制アクティブコマンドバトル」。
敵、味方の行動順を利用しながら戦えば、より有利に戦うことができる。

行動順が回ってきたキャラクターは、行動開始の前にまずスタンバイ状態となる。スタンバイ状態では、行動開始前に周囲を見渡しての確認などが行える


敵フェイズ、味方フェイズという概念は存在せず、行動順は画面右下の順番で回ってくる。
この場面は、キルマリアが行動中。
以降の行動順はパニス ⇒ 敵 ⇒ フリード ⇒・・・ となっている。
このままではパニスが行動した後、フリードより先に敵の行動順がきてしまう。敵にターンが回る前に倒してしまうことも出来ない……
そんな時は行動順を入れ替えてみよう。

行動順を変える効果を持つ攻撃もある。
行動順を遅らせる効果の攻撃をしたことで、敵の行動順が下がり、フリードが先に行動できるようになった。上手く使いこなせば、少ないダメージで有利に戦うことができる。

●チェインボーナスについて
味方の行動順が連続すると、回数に応じてダメージにボーナスが加わる。
上手く味方の行動が連続するよう、敵の行動順を遅らせたり、敵を倒す順番にもこだわってみよう。

<ダッシュ>
ダッシュは、ゲージを通常より大きく消費して高速でフィールドを駆け抜け、迎撃をかわすことができる。



<ガード>
敵の迎撃に対して防御行動を取ることもできる。ガード中はムーヴゲージを消費するが、迎撃ダメージを大きく減らすことができる。

●攻撃について




<アタック>
アタック(通常攻撃)は、キャラクターによって連撃や遠距離攻撃など種類が異なる


<フォース>
フォースゲージを使用して繰り出す必殺技


●リンクアタックについて




敵に対してアタックを仕掛けるとき、味方が攻撃可能範囲にいると、一緒に攻撃してくれる「リンクアタック」が発生する


リンクアタックでは最大4人まで同時攻撃してくれる


●その他要素について

<デュオ>
仲間一人を連れて移動することができる。
リンクアタックがやりやすくなる他、自動で行動するパニスもデュオで連れて行くことができる。







<パーソナリティ>
各キャラクターは、それぞれの性格や技能が色濃く反映された“パーソナリティ”を持っている。
有利に働くものもあれば不利になるものもあり、戦闘中に一定の条件下でランダムに発動する。












◆フリードについて

戦闘におけるフリードは、強力な剣技と雷撃の攻撃魔法でパーティーの中核を担う魔法剣士だ。

フリードの持つパーソナリティは、仲間とともに戦うことで力を発揮する「 リーダー」など、彼の特色が現れている。
フリードだけが持つ謎の力「オーヴァームーヴ」は彼自身もよくわかっておらず、多少持て余し気味。










フリードの持つフォース。剣による必殺技はもちろんのこと、遠くの敵も攻撃できる雷魔法を使いこなす













●フリードの特殊能力『時元超過駆動 (オーヴァームーヴ)』

フリードには、連続で行動順が回ってくる特殊な力「オーヴァームーヴ」がある。
バトル中に条件を満たしてオーヴァームーヴを発動させると、連続で行動順が回ってくるだけでなく敵の迎撃を避けやすくなるなど、戦いを有利にすすめることができる。





オーヴァームーヴは、フリードに行動順が回った瞬間に、一定の条件を満たしていると発動する


オーヴァームーヴが発動、行動順が入れ替わる。
フリード「オレの世界を……加速させる!」



オーヴァームーヴが発動すると、フリードが3回連続で行動できるようになる。
フリード「進んだ世界が……終わりを告げる」






◆異形の巨像(ネフィリム)について
●砂漠に現れた『異形の怪蟲 アラトロン』
長い前足を持つ蜘蛛の形をした異形。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://basket193.blog.fc2.com/tb.php/1251-672db645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。