黒夢画像倉庫

いろんな事書いてます

スポンサーサイト

Posted by くろむ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バイハザード6」,エクストラコンテンツ第4弾「SIEGE」をPS3/Xbox 360同時の3月に配信。Xbox 360で先行配信中の3コンテンツは,2月にPS3にも登場

Posted by くろむ on   0 comments   0 trackback

■Xbox 360版で先行配信されている3つのエクストラコンテンツが,2月にPS3版にも登場

 Xbox 360版で先行配信された3つのエクストラコンテンツ「サバイバーズ」「プレデター」「オンスロート」(関連記事)は,2月にPS3版に向けて配信されるという。価格は各400円(税込)。これらDLCは,すべてオンラインプレイ専用となっている。

■エクストラコンテンツ第4弾「SIEGE」がPS3版/Xbox 360版同時の3月に配信

 4つ目となるエクストラコンテンツ「SIEGE」(シージ)の配信が,PS3版/Xbox 360版同時の3月に開始されることも明らかになった。価格は,PS3版が400円(税込)で,Xbox 360版が320マイクロソフトポイント。
 「SIEGE」は,BSAA訓練兵を守る“エージェント”側と,訓練兵を襲う“エネミー”側に分かれて戦う,最大6人が参加可能な対戦モード。訓練兵を一定時間守りきれば,エージェント側の,訓練兵を倒せばエネミー側の,それぞれ勝利になるというルールだ。

■「エクストラコンテンツ用 ステージパックB」が,PS3版/Xbox 360版同時で1月29日に配信開始

 「ザ・マーセナリーズ」で使用可能な2つの新マップ「クワッドタワー屋上」「海底基地 研究所」を収録した「エクストラコンテンツ用 ステージパックB」の配信が,PS3版,Xbox 360版に向けて1月29日に開始される。価格は,PS3版が200円(税込)で,Xbox 360版が160マイクロソフトポイント。
 なお,すでに配信されているステージパックA(関連記事)と今回配信されるステージパックBは,新たに配信の決まった「SIEGE」も含めて,4つすべてのエクストラコンテンツで使用可能とのことだ。


■本編のボイスが日本語になるDLCの存在も

 どうやら,本編のボイスが日本語になるという新たなダウンロードコンテンツが準備されている模様。こちらの配信時期や価格は未定とのことだが,続報に期待したい内容である。




■PlayStation 3に3つのエクストラコンテンツが配信決定!

【Survivors】

2013年2月から、PS3版に向けても配信が開始される3種の『バイオハザード6』のダウンロードコンテンツ。「Survivors」はその名の通り、プレイヤー同士が生き残りをかけて戦うモードだ。最大6人のプレイヤーで楽しむことが出来、最後に生き残った1人が勝者となる。更に参加人数の範囲で任意の編成(1対5~3対3まで)でチーム戦を設定する事も出来る。倒されたプレイヤーはゾンビとして復活し、プレイに参加することが出来るが、人間のキャラクターとして復活するには他のプレイヤーを1人倒さねばならない。

本編ではバイオテロから世界を守るー。同じ目的の為に戦った主人公たちが、自らの生き残りをかけて戦う!「Survivors」では最大6人でのオンライン対戦を実現!エクストラコンテンツ用のマップが使用できるのは勿論、エクストラコンテンツ用のスキルも使用可能。最後の1人となるのは誰だ!




【Predator】

2013年2月から、PS3版に向けてもP配信が開始される3種の『バイオハザード6』のダウンロードコンテンツ。「Predator」は最大6人で楽しむことが出来るモード。プレイヤーの内、1人が“捕縛者”ウスタナクでプレイし、他のプレイヤーは協力し合ってウスタナクの撃破と自身の生残りを目指す。ウスタナクとなったプレイヤーは他のプレイヤーの捕獲、又は殲滅がミッションとなる。勝敗が決した後は別のプレイヤーがウスタナクとなって他のプレイヤーと対決するのだ。

強大なB.O.W.=ウスタナクとなって他のプレイヤーを殲滅するのか?それとも協力してウスタナクを倒すのか?「Predator」ではその戦いを最大6人でのオンライン対戦で楽しむことができる。ウスタナクプレイヤーは他のプレイヤーを全て瀕死の状態とするか、捕える事で勝利となり、他のプレイヤーはウスタナクを倒すか、生き残る事で勝利となる。このモードでも「エクストラコンテンツ」で使用できる全てのマップが使用可能だ。




【Onslaught】

2013年2月より、PS3版に向けても配信が開始される3種の『バイオハザード6』のダウンロードコンテンツ。
「Onslaught」は本編に収録されている「ザ・マーセナリーズ」を異なる形で楽しむことが出来るコンテンツだ。
オンラインで2人のプレイヤーが「ザ・マーセナリーズ」で対戦するのだが、コンボを繋いでスコアを稼ぐと、相手に大量の敵を送り込むことが出来るのだ。しかし、敵を送り込まれたプレイヤーも不利になるだけではない。大量の敵発生はピンチであると共に、コンボを稼ぐチャンスでもあるのだ。
この対戦では先に相手を戦闘不能にしたプレイヤーが勝者となる。
※制限時間内に勝負がつかなかった場合にはスコアで勝敗が決する。

「Onslaught」は異なる「ザ・マーセナリーズ」が楽しめる。画面上部分にはコンボで倒した敵の数がアイコンで表示されている。コンボで敵を倒せばと倒すほど、相手側に多数のクリーチャーを送り込むことが出来る。送られたプレイヤーは大量の敵と対峙する事となる。
しかし、これは逆転のチャンスでもある。送り込まれた敵を利用して多数のコンボを決めれば対戦相手に一気にクリーチャーを送り込むことが出来るのだ。テクニックと戦略性が問われるのは勿論だが、ピンチをしのぎ、大量のコンボを決めた時の爽快感は格別だ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://basket193.blog.fc2.com/tb.php/1235-6787da45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。