黒夢画像倉庫

いろんな事書いてます

スポンサーサイト

Posted by くろむ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サムライ&ドラゴンズ」の招待制イベント「サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング2013冬」が1月27日に開催されるらしい

Posted by くろむ on   0 comments   0 trackback

『サムライ&ドラゴンズ』
「ファンミーティング2013冬」を2013年1月27日に開催決定!
今回はニコニコ動画の生放送に加えて、抽選で100名様を会場にご招待!

 好評サービス中のPlayStation Vita専用オンラインゲーム『サムライ&ドラゴンズ(以下、サムドラ)』において、2013年2月1日(金)より始まる新シーズンの開幕を記念して、「サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング2013冬」を1月27日(日)に開催することになりました。
 このイベントは、ファンの皆様と一緒に盛り上がる『サムドラ』のお祭り的な発表会で、今回が2回目となります。今回も新シーズンから実装されるさまざまな新機能の紹介やサプライズ発表、そして豪華ゲストをお迎えしてのトークセッションなどを予定していますので、どうぞお楽しみに。
 また、今回はニコニコ生放送による生中継だけではなく、抽選で100名の一般参加者を会場にご招待します。数々の発表やサプライズをぜひ会場で目撃してください。

■「サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング2013冬」概要
 本イベントでは、3rdシーズンから実装される新規要素やコラボレーションなどの発表、『サムドラ』にまつわるトークセッションなどを行う予定です。“稲船敬二氏”(株式会社comcept ceo)や、ニコニコ動画「ゲームのじかん」でもお馴染みのコスプレタロット占い師“渚さん”をはじめとした豪華ゲストを多数お迎えしてお届けする予定です。
 なお、本イベントの模様は、昨年8月に実施した前回と同様に、株式会社ドワンゴが運営する動画配信サービス「ニコニコ生放送」で生中継を予定しております。今回も番組をご覧の方には素敵なプレゼント(PS Vita本体やコラボ魔獣カード)をご用意しておりますので、こちらもどうぞお楽しみに。

<イベント概要>
イベント名称:サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング2013冬 
日時:2013年1月27日(日)18時開演 20時終了予定
会場:UDXシアター http://udx.jp/theater/access.html
住所:東京都千代田区外神田4-14-1 4F
出演:山田理一郎(プロデューサー)、福原智学(アートディレクター)、サムドラ森田(宣伝担当)
ゲスト:稲船敬二氏(株式会社comcept ceo)、渚さん(コスプレタロット占い師)、その他
※当選された方のみ入場できます。当日の一般入場はできません。

<ニコニコ生放送 生中継概要>
放送日:2013年1月27日(日)
開演:18時00分(開場は17時30分頃を予定)
終了:20時00分予定(進行状況により変更になる場合がございます)
ニコニコ生放送視聴ページ:http://live.nicovideo.jp/watch/lv117217892
※タイムシフト予約には、ニコニコ動画のアカウントが必要です。

→ニコニコ生放送 視聴者プレゼント内容
(1)PS Vita本体+『サムライ&ドラゴンズ デラックスパッケージ版 龍族降臨』を抽選で5名様に。
(2)4936人限定、あのセガハードがかわいい女の子になって降臨!「UC☆セガサターン」をプレゼント。

004_20130107205520.jpg
■抽選で100名様を会場にご招待
抽選で100名の皆様を「ファンミーティング2013冬」にご招待します。貴重なゲーム情報やサプライズを実際に目撃するチャンスですので、参加希望の方はエントリーページからご応募ください。

<会場観覧者募集について>
エントリー期間:2013年1月7日(月)~1月21日(月)23:59まで
募集人数:100名(応募者多数の場合は抽選となります)
応募資格:18歳以上で、当日会場まで直接お越しいただける方
応募方法:エントリーページより応募フォームに従ってご応募ください。
当選者発表:当選発表は、当選メールをもって代えさせていただきます。
観覧者特典:当日、「忍者乙Tシャツ」「真・デブリズタワーの水」をプレゼントします。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://basket193.blog.fc2.com/tb.php/1164-8d9c31b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。