黒夢画像倉庫

いろんな事書いてます

スポンサーサイト

Posted by くろむ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The Elder Scrolls V : Skyrim」の最新DLC「Dragonborn」についての情報が公開に。ドラゴンにまたがり,原初のドラゴンボーンに挑むという熱い展開が楽しめる

Posted by くろむ on   0 comments   0 trackback



原初のドラゴンボーンをたどるソルスセイム島への旅

 Dragonbornの舞台となるのは,ソルスセイムというスカイリムの北東にある島だ。とある街角で謎のカルト信者に襲われ,世界初のドラゴンボーンであるミラークという人物について聞かされることで,ソルスセイム島への冒険の扉が開かれる。

さくっと返り討ちにした信者が持っていた紙片によって,ウインドヘルムの桟橋から島に渡る手段があることが分かったので,さっそく向かってみた。そこには島から戻ったという船長がいるが,再び島へ向かうことにはあまり気乗りしない様子だ。そんな彼を説得(脅迫ともいう)して,いざソルスセイム島へと向かおう。

 このイベントは,ハイフロスガーのグレイビアード達の試練,すなわちメインクエスト「創始者の角笛」が終わっていれば発生するという。つまり,本編の割と序盤をこなしてさえいればDragonbornに挑戦できるわけだ。

独特の文化を持つソルスセイム島

 船が連れて行ってくれるのはソルスセイム島の街,レイヴン・ロック。島に渡ると,とあるダークエルフに話しかけられる。「やってきたのは何者だ?」ということだ。彼にミラークという人物について聞くと,この街に彼にまつわる石碑があるとのこと。







 カルト信者を送り込んでくる割には,島内にミラークの名が知れわたっている様子がない。はて,これはどういうことか? と考えつつ,教えられた石碑のある場所に行ってみると,人々が石碑の周囲で何やら作業中だ。訝しみつつ石碑に触ってみると,ミラークの声が頭の中に響きわたり,なんと自分もその作業の仲間に加わってしまった。
 これはどうやら,ミラークの精神操作であり,街の人達は知らず知らずのうちに,彼の企みに荷担させられているようだ。

 このまま作業を続けていても,ちっともゲームが進まないので,適当にスティックを動かしたところキャラクターは我に返ってくれた。近くの人物に話を聞くと,どうやら「ミラーク聖堂」という遺跡があるという情報を得る。






 ちなみに,ここソルスセイム島は2002年に発売された「The Elder Scrolls III: Morrowind」の舞台,モロウウィンドにある。ダークエルフの街らしきレイヴン・ロックも,ノルドが多く住むスカイリムとは建物の様子がかなり違う。そういえばスカイリムのエルフって,かなり下に見られてたよなあ……。
 街を出るとすぐに火山が見え,島全体は雪と火山灰に覆われているなど,文化や気候もスカイリムとはかなり違っているのだ。

 道を行くと,前方でなにやら争っている様子だ。行ってみるとアッシュスポーンという「Doragonborn」で登場する新たなクリーチャーが衛兵と戦っていた。行きがけの駄賃として,まず軽く戦ってみたが,炎属性の熱い攻撃をしてくるなど簡単な敵ではなく,半端なスキル/装備では手こずるかもしれないという印象を受けた。

さらに進むと,今度は狩人が話しかけてきた。彼が指揮する一団がモンスター狩りに行くのだが,一緒にどうかと言うのだ。試遊時間も限られている都合上,ここは断ったが,このほかにも,島特有のバッタみたいなアッシュホッパー(ただし,ウサギくらいの大きさ)にも遭遇した。それにしても,こうした物珍しい敵に会うと,新しいところに来たなという感じがする。

 島とはいえソルスセイムはそれなりに広く,マップ画面では,少し引かないと全体が収まらないほどだ。例によって,メインクエスト以外にサイドクエストも豊富に用意されている(さっきの狩りの誘いなどもそうだろう)ので,遊び甲斐がありそうだ。






始めたばかりでも,やり込んだあとでも楽しめるDragonborn

 今回,聖堂を攻略してミラークに会うまで,かなり駆け足で1時間ほどかかった。メインクエストだけでも20時間くらいは遊べ,しかも,多数のサイドクエストも用意されているとのことなので,全体でかなりのボリュームになることは間違いない。

 この島でしか手に入らない装備や体験できない冒険が多数用意されているので,本編であるスカイリムをとことんプレイしたという人でも楽しめるはずだ。また,上にも書いたように本編のメインクエストの序盤をこなすだけでDLCに挑戦できるようになるので,こちらで強力な装備や能力を手に入れてから本編に挑んでみる,なんてことも楽しそうだ。


 ちなみに,ドラゴンに乗れるだけでもかなりすごいはずだが,それ以上に驚くべき要素が,Dragonbornのメインクエストをクリアした時点で用意されるという。相当すごい要素になるということなので,こちらはぜひ,自分の目で確認してほしい。

 いち早くXbox 360向けにリリースされた最新DLC「Dragonborn」。PC版,PS3版は2013年春頃に配信される予定なので,そちらのユーザーはもうしばらくの我慢だが,Xbox360ユーザーはこの年末年始,ぜひ遊び倒してほしい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://basket193.blog.fc2.com/tb.php/1114-a3cc3b73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。